スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポチっと押してね↓
アラド戦記・攻略ブログ

アラド戦記を軽くする方法 その③

ちょい遅れちゃいましたけど引き続きさらに軽くする方法 その③です!
こんばんわです
今回はちょっぴり複雑な方法ですけど、しっかり読めば多分設定は無事できると思います!んじゃ今回で最後?の予定なので3個ほど紹介します!☆番外編も追加!
その① その②

①常駐プログラムを整理
実はスタートアップよりも自動的に起動する常駐プログラムの方が圧倒的に多く。こちらを整理すればパソコンの起動と動作が速くなるのを実感しやすいと思います。

まずは画面左下の「スタート」→「ファイル名を指定して実行」の順にクリックをします。
1 スタート
2 ファイル名を指定して実行
3 「msconfig」と入力しOKクリック
msconfigs.jpg
4 ウィンドウの上の方にある「スタートアップ」タブをクリックします。

※ここからの作業は間違えるとパソコンに不具合が起こる可能性があるので
注意して作業をしてください。

コマンドの欄消してはいけないプログラム
「C:\WINDOWS\…」から始まるもののチェックは絶対に消さないで下さい。
windows に不具合が起こることがあります。
ウィルス対策ソフトのチェックも消さないで下さい。自動的に起動しなくなります
その他の項目は自分が必要なもの以外はチェックをはずしておきましょう。
msconfig2s.png

5 チェックを付け終わったらOKをクリック
6 システム攻勢の変更を有効にするには、再起動する必要があります→再起動をクリック
再起動後に次のような画面が出てくるので
7 Windows の開始時にこのメッセージを表示しない、またはシステム構成ユーティリティを起動しない。
チェックを付けてOKクリック  終了
不具合が出て設定を直したい場合はもう一度はじめから同じ作業を繰り返して
チェック項目を元に戻してください。


②Dドライブ使用 HD=ハードディスク
HDがいっぱいになってくるとパソコンの動作が重いと感じるようになります。
HDを圧迫する主な原因はインターネットなどからダウンロードしたファイルなことが多いです。

通常このDLしたファイルはWindows が入っているCドライブに保存されていき(主にマイドキュメント)Windows が入っているCドライブはどんどん圧迫されていきます。
最近のパソコンにはバックアップ用のドライブとしてDドライブがあることが多いですが、DLしたファイルは指定して保存しなければDドライブに保存されません。


Dドライブにダウンロードしたファイルを保存するための手順
Dドライブにダウンロードしたファイルを保存するためのフォルダを作成します

1 マイコンピュータ→ハードディスクドライブ→(D:) と書かれたハードディスクをクリックしDドライブを開く
2 右クリックをして 新規作成→フォルダ の順にクリックをして新しいダウンロード用のフォルダを作成
※作成したファイルの名前はなんでもOK ※ファイル名は仮に「DLフォルダ」とします
3 マイドキュメント を右クリックし プロパティをクリック→移動をクリック
4 マイコンピュータ→Dドライブ(D:) 「Dドライブ(D:)」の中にある「DLフォルダ」を選択しOKをクリック
5 マイドキュメントのプロパティ の画面に戻るのでOKをクリック
6 「元の場所にあるすべてのドキュメントを、新しい場所に移動しますか?」
と表示されるので「はい」をクリック 終了

これで「マイドキュメント」内のファイルはDドライブに移動されました。

続いて、ダウンロードしたファイルがDドライブに保存されるように
ブラウザの設定を変更していきましょう。

Firefoxの場合
1 ウィンドウ上側にある ツール→インターネットオプションの順にクリック
2 「オプション」のウィンドウが開いたら ウィンドウ左上側にある 一般 をクリック
3 ウィンドウ真ん中に ダウンロード というブロックがあるのでそこの「次のフォルダに保存する」という欄の右側にある「参照」をクリック
4 マイコンピュータ→Dドライブ(D:)の中にある「DLフォルダ」を選択して「OK」をクリック
5 オプションの画面に戻るのでOKをクリック 終了

Internet Explorerの場合
はじめからマイドキュメントに保存されるようになっているので設定は不要です。
マイドキュメントに保存すれば自動的にDドライブ(D:)に保存されます。

Dドライブ(D:)がない場合は外付けハードディスクを利用しCドライブがいっぱいになってきたら移動するのがいいと思います。バックアップにもなるのでオススメです。 



③パソコンの動作を高速化ソフト
Win高速化 Classic(作者:Attosoft様) - フリーウェア(Win)

パソコンを軽くする方法は
1 パソコンのスペックを上げる
2 パソコンにかける負荷を軽くする
がありますが今回は手軽にできパソコンにかける負荷を軽くする方法を紹介します。

パソコンにかける負荷を軽くするにはパソコンの設定を変更することなんですがこの設定変更が初心者には難しかったりします。

結構簡単に設定できるのが「Win高速化 Classic」 です。
Win高速化 Classicの特徴 
1  難しい知識はいらない
設定を変更したい項目にチェックを付けていくだけでパソコンを軽くすることができ、レジストリなどの難しいパソコンの知識は必要ありません。

2 設定の変更も簡単
変更する項目は50項目あり、さらにその項目も「デスクトップ」「起動,終了」というよにあらかじめ分かりやすく分類されているため設定を変更するのも簡単です。
分類分けしてあり、どこに重点を置いて高速化したいかを自由に決めることが可能。

3  設定を元に戻すのも簡単
バックアップの作成を「保存と復元」という項目からできるので万が一設定を戻したくなったときも以前の状態に戻すのが簡単です。

4 インストール不要ですぐ使える
ソフトをダウンロードしたらインストールの必要もなくすぐに使うことができます。

このソフトはレジストリを変更する項目もあるため設定変更によりトラブルが起こる可能性は少なからずあります。Win高速化 Classic の使用は自己責任でお願いします。とはいえ、とても簡単なのでオススメします。

パソコンが重くて困っている人には少なからず、試してみて欲しいですっ!

 Win高速化Classic をダウンロードする  http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se301488.html


☆番外編 メモリ増設  ※実費必要 数千円~1万円程度
今のアラド戦記ではメモリがとてもくうため、費用がかかりますが、メモリ増設すると劇的にかわる人も多数いると思います。公式の推奨は512MBとなっていますが、これは実装時のスペックで今は512MBじゃプレイはかなり厳しいと思います。最低でも1GB できれば2GBは欲しいところですね!
自分のアラド用のパソコンはマウスコンピュータのG-tuneだったので数年前にかった当時から標準で1GBになっていて、先付け増設で2GBにしてあります。 当時のXPだと標準で256~512MBだったので、数年前の市販のパソコンのメモリは基本的には1GBを超える標準装備はしておらず、メモリ増設は効果があると思います!

1 現在のメモリーの容量の確認 
メモリの種類 256MB 512MB 1GB 2GB ※1024MB=1GB  2048MB=2GB
パソコンに搭載されているメモリー容量を確認しましょう。

Windows Vista/Windows XPの場合
スタート→マイコンピューター→プロパティ→全般タグ
カタログなどに記載のメモリー容量より少なくなっている場合がありますが、ビデオメモリー使用されているからです。
img_step02_win.jpg

Macの場合
メニューバーアップルマーク→このMacについて をクリック
ウインドウにメモリー容量が表示されます。
img_2add07.jpg

2 メモリー増設の可否と最大容量について
メモリーを増設できるか否か、また増設できるとしたらその最大容量はどのくらいか、どのようなタイプのメモリーが増設できるか、事前に調べておく必要があります。
メモリースロットに空きがあれば、増設が可能でソケットに空きがなければ増設はできません。現在装着しているメモリーを取り外して交換することになります。

スロットが2つあるパソコンでは、通常購入時には、ソケット1だけにメモリーが実装されているので、空いているソケット2に増設が可能です。

3 搭載可能なメモリー上限容量
製品ごとに搭載可能な最大容量があります ソケットが2つあり、搭載可能上限メモリーが2GBのパソコンでは、購入時にソケット1に標準で512MB実装されていれば、最大で2GBまでメモリ増設が可能です
搭載可能なメモリー容量の増減値は、ハードウエアの制限とOSの限界により決まります。たとえば、OSの限界としては、32bit版のWindows XP やWindows 7 では4GBが上限になります。
ソケットの空きが多ければ、それだけ多くのメモリーが実装できますが、上限値に注意してください。空きスロットがいくつあるかは、製品マニュアルやインターネットで調べてください。
上限値とスロット数の確認は製品マニュアル、インターネットで調べて下さい。

※増設が2枚単位しかできないパソコンもあります。増設する場合には、ソケットの空きが2つ必要です。

4 装着可能なメモリーを調べる
PCの上限値以上に増設できる機種もあります。メモリー販社の中には動作確認して、動作を保証している商品もあります。増設が可能な場合には、マニュアルやインターネットで装着可能なメモリーの品番を調べて、基本的には上限値以内になるように購入してください。

パソコンの説明書を読めば、どのメーカーのどの型番が対応しているかが書いてあると思いますが、メモリを販売しているメーカーのホームページにも対応メモリを調べることができるページが用意されています。
増設用メモリの分野で有名メーカー3社の対応メモリ検索ページがこちら↓

アイオーデータの対応メモリ検索ページ http://www.iodata.jp/promo/memory/
バッファローの対応メモリ検索ページ http://buffalo.jp/products/catalog/memory/
エレコムの対応メモリ検索ページ http://www2.elecom.co.jp/support/memory/index.asp

5 メモリ取り付け方法
メーカー、デスクとノートでもやり方が違います。ノートのほうが楽かな。
メーカーや、各専門業者に頼めば有料でやってくれますが、かなり高額です。30分~1時間の費用で簡単なもので5000円、高いと1万円~掛かってしまいます。 取付取外しは簡単なので外部サイトで色々方法がのっているので リンクで張っておきますので参考にしてください
取付方法 http://degozaru.net/installMemory.html
 
現状のPCのスペックを上げる方法で交換するとしたらメモリが費用も安く済み、簡単なのでメモリ増設方法だけ、ご紹介しました!

自分も過去大学時代に購入した、ノートでアラド戦記をβの時からプレイしたのですが、全然ネトゲにもpcにも詳しくなくて、何が悪いのかまったくわからず状態でした。
当時は競売や露天はなく、シュシアのいる酒場でユーザーによるオークションがよく開かれていたのですが11CHの酒場には自分は入れませんでした、なぜなら人多すぎてカクカクで画面が数秒に1回しか更新されず挙句、落ちるという・・・・・otz そのノートのメモリを256MB→1GBにしてからはなんとかオークションに参加できましたけどね!


まとめ
今までご紹介した、アラド戦記を軽くする方法①~③だいぶ変わりましたか? 
効果が大きい人、少ない人いると思いますが色々やってもだめな人は、自分のPCを再確認したうえで番外編のメモリ増設を試してはいかかでしょうか。

現在スペックに困ってる人も快適にプレイすることができてパーティを組めるようになってくれれば嬉しいです!
まあパーティは回線の影響も大きいので難しいですが、いつか回線のほうも記事かけるように勉強しますっ!

んじゃ快適になったところで ぱぁぁぁてぃぃこぉぉーる してきてください!
1240367788.jpg



ポチっと押してね↓
アラド戦記・攻略ブログ

テーマ : アラド戦記
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミカン or たまに㍾

Author:ミカン or たまに㍾
ミカンさんorたまに㍾さんがアラド戦記を日誌にして綴っていきます。

あ、カイン鯖です!

キャラクター紹介
Lv70 バーサーカー(㍾)

Lv70 ネクロ(㍾)

Lv70 エレマス(ミカン)

Lv70 クルセ(ミカン)

Lv70 サモナー(ミカン)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新動画


その他投稿動画
YouTube
ニコニコ動画
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
カウンター
アラドウォッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。